COPYRIGHT © 社会福祉法人サン・ビジョン ジョイフルドーム前こども園

職員紹介STAFF

山本 茉莉さん(やまもと まり)

山本 茉莉さん

手塚 瑞妃さん(てづか みずき)

手塚 瑞妃さん

Q.保育で大切にしていること

子どもたちと同じ目線になり、子どもの気持ちや求めることを受け止めていくこと。また、遊ぶ時は子ども以上に楽しんで遊ぶなど、何事に対しても一生懸命に接することを心がけ ています。
そのためにも、日々の園生活から常に子どもの目線になって活動中の子ども1人 ひとりの興味を示すものや、姿、声から自分なりに理解し気持ちを感じ取ってみたり、もし 泣いていたら何で泣いているのか周囲の状況を把握し、原因を一緒に探し安心感を与えて あげられるよう保育者を目指して努力し続けていきたいです。

Q.子どもたちにどうなって欲しいか想い

自分の気持ちを友だちに伝えたり、相手の気持ちに耳を傾けたりしながら人との関わり方を知り、思いやりのある心をもつ子になってほしいです。
集団生活の中には、子どもなりのルールがあったり、ルールを作っていかなければならない 時があったりします。また、同じ年齢、年上、年下の子、大人と様々な人との関わりもあり ます。その中で、自分の役割を見つけ、やり遂げたり、悔しい思いをしたり、多くの経験を通し、人としての種を育て、いつか大きな樹となるように育ってくれるといいなと思います。     

Q.保育で大切にしていること

私は “見守りとさりげない支援”“子どもの声”の2つを大切にし日々保育しています。
なかなかできないことやうまくいかないことだらけの子どもたち。イライラしてしまったり、あきらめてしまいそうな姿を見ているとついつい手を出してしまいたくなりますが、子どもたちの「考える力」をつけていく機会や「頑張る力」を奪いたくないので”少しだけの支援”を心がけ、子どもたちが自分で”できた喜び”を感じてもらえるようにしています。
また、子どもたちは様々なことを話かけてきます。
まだはっきりと言葉が言えない子であっても、一生懸命お話をしている子どもの気持ち、子どもの声にしっかり耳を傾け、気持ちよく、楽しく過ごしてもらえるよう、努めています。

Q.子どもたちにどうなって欲しいか想い

子どもたちには様々な物や人と関わる楽しさをたくさん知り、物や人を大切にできるようになってほしいと思います。
また得意な事や好きな事、誇れる何かを見つけて欲しいと思っています。
『初めて』は不安な事だと思いますが、様々な事に触れ「こんなおもしろい事があるんだ」「人と関わるのってこんなに楽しいんだ」とたくさんの発見をしてほしいです。
友だちのために何かしてあげる姿を目にするとたくさんの人と関わる機会の多い園だからこそ育つ力ではないかなと思います。この思いやりの心は一生役に立つと私は考えています。人との関わりを大切に思いそして、何かに夢中になる経験を通し、誇れる何かを一つでも持って欲しいと思います。     
ホームへ戻る
PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.