1. HOME
  2. ブログ
  3. 介護の仕事、どうして選んだの?

介護の仕事、どうして選んだの?

はじめまして。ブログを読んでいただきありがとうございます。
グレイスフル上前津で生活相談員をしております、猪狩と申します。

初投稿なので、まずは自分が介護の業界の仕事を選んだきっかけのお話をさせていただきます。

話は私が中学生だった頃まで遡ります。
私が通っていた中学校では、2年生になると、地域の中で自分の興味のあるお店や施設で職場体験を行います。その当時の自分は特に興味のあることがなく、なんとなく選んだのが自宅の近所にある特別養護老人ホームでした。

特養を訪れることも初めてで、どのような職種の人がいるのか、そこで働いている人がどんなお仕事をしているのか、自分にとっては全くわからない場所だったので、とても不安な気持ちだったのを覚えています。
職場体験の主な内容としては、「施設で生活されている利用者様とコミュニケーションをとること。」でした。

そこで、ある一人の男性利用者様と出会いました。

その方は貼り絵の作品を作ることを日課にされていて、周りで他の方達が楽しそうにおしゃべりをされていても、会話に加わることはほとんど無く、毎日黙々と貼り絵を作り続けていました。
その方のことが気になりつつも、最初はなかなか話しかけることができなかったのですが、貼り絵の作り方を教わって、一緒に作るようになると少しずつお話ができるようになりました。緊張して恐る恐るだった自分も、数日通っているうちにその方と一緒に貼り絵を作ったり、お話しすることが楽しくなっていきました。

その利用者様にどうにか感謝の気持ちを伝えたくて考えついたのが、お手紙とその方の似顔絵を貼り絵で作りプレゼントすることでした。
職場体験最終日、その方に直接お渡しをすると、とってもびっくりしたのですが、ボロボロ大泣きしながら、喜んでくださいました。

当時の自分は、ただの中学生(今も大して中身は変わっていないかもしれませんが…)で、自分以外の誰かにそんなにも影響を与えることのできる存在になれるとは少しも思っていませんでした。

この職場体験での出来事は、十数年たった今でも忘れることの出来ない大切な体験になりました。

その後は、介護の業界に進みたいという思いから、福祉学科のある高校と大学に進学し、この法人に就職しました。

時々考えるのは、“あの時職場体験先に特養を選んでいなかったら” “あの利用者様と出会っていなかったら”自分は今介護の業界の仕事を選ぶことはなかっただろうな、と思い不思議な気持ちになることがあります。

この仕事に就いてからも、たくさんの方との出会いと別れがありますが、せっかくご縁があって入所していただけたのであれば、利用者様やご家族にはグレイスフル上前津に入所して良かったと思ってもらえるような施設づくりを目指していきたいと思います。

関連記事