1. HOME
  2. ブログ
  3. 介護の仕事はいろいろ

介護の仕事はいろいろ

みなさんこんにちは。
今回のブログは介護付有料老人ホーム グレイスフル上前津で相談員をしている、猪狩が担当します。
ちなみに、ブログは今回で2回目ですが、まだまだ慣れません。

みなさんは介護の仕事というと、どんなことをイメージしますか。

食事介助、排泄介助、入浴介助、利用者様の身の回りのお世話をさせていただくことを思いうかべる方が多いでしょうか。
もちろん、利用者様の出来ることを尊重し、ご自分で出来ないところをお手伝いさせていただくことは介護の仕事の中でも大切なことです。

介護施設と言っても利用様にとっては、そこが生活をする場(お家)ですので、ただ生活のお手伝いをさせていただくだけではなく、「どうしたら生活にハリを持って過ごしていただけるのか。」「毎日が同じような日々の繰り返しではなく、小さなことでも楽しみを見つけてもらえることはないか。」ということを日々考え、行動していくことも介護の仕事にとって大切にしなくてはいけない事だと思っています。

普段一日の大半を過ごしていただく居室やリビングは年中空調が管理されていて、窓から見えるような景色もあまり変化がないかもしれません。
そんな中でも、「移ろい行く季節を感じていただけるように。」と、行事やレクリエーションを職員みんなで考えて行っています。

私が担当している介護付有料老人ホームでは、
春はお花見、夏は流しそうめんやスイカ割り、町内開催の夏祭りにも出かけます。
秋は敬老会イベントや日帰り旅行、冬は餅つき大会やクリスマス会に新年会も行います。

それ以外にも、季節にあった飾り付けを利用者様と職員とで作ってエレベータ前に掲示したりもしています。

私自身は、普段利用者様に直接介助をさせていただく職種ではありませんが、行事やレクリエーションを行う際には、他の職員と一緒にお手伝いとして参加させてもらっています。

利用者様の普段と違った表情を見ることができたり、「今日のやつは楽しかったよ!」と直接お言葉をいただけたりすると、自分の仕事の励みにもなっています。

ちなみにこの写真は、先日夏の最後の思い出に利用者様と一緒に花火をやった時のものです。

関連記事