1. HOME
  2. ブログ
  3. 長野で介護職に転職!出勤初日にすることとは?

長野で介護職に転職!出勤初日にすることとは?

長野エリアでも、未経験から介護職に転職する人が増えています。転職する際に一番緊張するのが、初日の出勤前ですよね。特に初の介護業界となれば、どんなことをするのだろうと不安も高まるかもしれません。そこでこの記事では、長野で介護職に転職する人に向けて、介護職の出勤初日は何をするのか、どんなことに気を付ければいいのかについて紹介します。

長野で介護職に転職!初日はどんなことをやるの?

介護業界未経験の場合、介護職に転職後の出勤初日については、期待よりも不安のほうが大きいという人も多いでしょう。しかし介護業界でも初日にやることは他の業界と大体一緒なので、そこまで心配することはありません。もちろん転職先の介護施設によって内容に差はありますが、初日にやることとしては挨拶回り、説明、見学などが主で、本格的な業務がスタートするのは2日目からということがほとんどです。

挨拶回り

介護施設で働くスタッフや、施設の利用者様などのところを回って、挨拶をします。最初の顔合わせなので、印象を悪くしないように、明るく挨拶することを心がけましょう。

仕事全般やシフトなどについての説明

上長や担当者から、今後の仕事全般、シフト、給与、注意事項などの説明があります。覚えておくべきことがあればメモしておくのがおすすめです。また、よくわからなかった点や不明点などがあれば、初日の説明の時点で質問して、働く上での疑問を解消しましょう。

施設と介護業務の見学

介護施設内を色々と見て回ったり、他の介護スタッフの介護業務の様子を見学したりします。次の日からは自分でも徐々に同じ介護業務を行うようになるわけなので、手本としてきちんと先輩職員の仕事ぶりを見ておきましょう。

長野で介護職に転職!初日に心がけたいこと

未経験から介護職に転職する場合は、初日から覚えるべきこと、学ぶべきことがたくさんあります。出勤初日に心がけたいポイントをまとめました。

利用者様と介護職員の名前をできるだけ覚える

介護職に転職したら色々と覚えることが山積みですが、まずは利用者様と介護職員の名前を覚えることが優先事項となります。もちろん初日からすべての人の名前を覚えるというのは無理ですが、初日から「名前をちゃんと覚えよう」という意識でいることが大切です。人の名前を覚えるのが苦手な方は、メモを取ったり、その人の特徴と名前をセットで記憶するようにしたりするといいでしょう。

気持ちの良い挨拶を忘れずに

はきはきと明るい挨拶ができると、それだけで周りからの印象が良くなります。利用者様とも介護スタッフともできる限り良好な人間関係を築いたほうが仕事をスムーズにやりやすくなるので、気持ちの良い挨拶を心がけてみてくださいね。

重要なポイントはメモしよう

仕事の説明を受けるときも施設・介護業務を見学するときも、覚えるべきことや重要なポイントがあれば、メモを取っておきましょう。あとで復習して仕事を早く覚えるのに役立ちますし、メモを取る真摯な姿勢は同僚・上長にも好印象となります。

関連記事