1. HOME
  2. ブログ
  3. ちょっとうれしかったこと

ちょっとうれしかったこと

こんにちは。ジョイフル羽島の坂井田です。
少し前になりますが、9月は敬老の日があり、ジョイフル羽島でも敬老会が開催されました。
毎年、豪華なお食事や長寿の方の表彰など盛大に敬老会が開催されます。

今回、敬老会にまつわる中でうれしいエピソードが2つほどありました。

1つめは、敬老のプレゼントを何にしようか担当職員が考えている時のことです。利用者様にどんなプレゼントをしたら喜んでいただけるか真剣に考え、他の職員に相談しながら「これはどうかな?」「あれはどうだろう?」とプレゼントを決めていました。他の職員も一緒に利用者様に喜んでいただけるプレゼントは何か考えている姿はとても微笑ましいものでした。相手のことを想って、喜んでいただけることを創造することは介護の仕事の原点ですね。

2つめは後日談です。ある職員が法人内の他の施設に行った際に、利用者様のお部屋に私が一緒に写っている写真が飾られていたそうです。それは、敬老会の写真でした。私がその施設で働いていたのは、おそらく8年から10年位前のことです。その当時の写真を今も飾ってくださっていることに何だか恥ずかしい気持ちとうれしい気持ちとで複雑な気持ちになりました。これまで、多くの利用者様のとの出会いがあり、時々こういった形でふと時間が戻ったような感覚になることがあります。やっぱり、うれしいものですね。

これからも、そんなうれしい時を過ごせることを楽しみにしています。

関連記事