1. HOME
  2. ブログ
  3. みんなでひとつに

みんなでひとつに

皆さま、こんにちは。介護老人保健施設ジョイフル名駅で支援相談員をしている由良です。
私は、2019年の4月にこの法人へ入職し、2年目になります!

そんな私ですが、施設で働いて感じたことがあります。
それは各職種のつながりです。

配属される前は介護老人保健施設を、「リハビリができる入所施設」くらいにしか知りませんでしたが、実際に働いてみると、様々な職種の方がいて出会う事ができました。
まずは、理学療法士や作業療法士といった「リハビリ職員」です。利用者様の状態に合わせてリハビリの計画を立て、その方の身体機能の維持や向上を目指しています。
次に、日々の生活の場で困っていることがあればお手伝いさせていただき、その方のできることを活かした支援を行っているのが「介護職員」です。
食事の面からは、その方に合わせた計画を立て利用者様が安全かつご飯がしっかり食べられるよう「管理栄養士」が支援しています。
そして、利用者様の健康の管理であったり体調不良時のケアを行う「医師、薬剤師、看護職員」がいます。
「施設ケアマネジャー」は、そんな利用者様やご家族様との話の中で施設での生活をどんなふうに過ごしていくか目標を立てそれに基づいて計画を立てていきます。
私が勤めている「相談員」は、施設の窓口となり何か相談事や意見があれば対応し、各職種へ共有していきます。
そして、事務的な全般の対応をしている「事務員」と、全体を管理してくれているのが「副施設長」です。
その他にも間接的ではありますが、送迎や施設のお困りごとを対応してくれる「介助員」や、いつも施設内を綺麗にしてくれている「清掃員」が働いています。

以上のようにたくさんの職種とかかわる事ができ、その分理解、学ぶこともできるので自分自身の成長にもつながっています。
また、利用者様に対して様々な面から支援し、一方向ではなく互いに情報を共有しながら何かあれば各職種が一丸となり課題に取り組む姿・・・まさに老健isワンチームです。

私はご家族様から「すぐに対応してくれてありがとう」とうれしい言葉をいただく事がありますが、それは私個人でなく、各職種がしっかりつながっているからだと感じています。

現在新型コロナの影響で大変な時期ではありますが、そんな時こそワンチームで乗り越えていきたいですね!

最後までありがとうございました。

関連記事