1. HOME
  2. ブログ
  3. 人生のランナウェイ

人生のランナウェイ

新年あけましておめでとうございます

サービス付き高齢者向け住宅ジョイフル多治見 担当の田口です。

昨年に続き2回目の記載になります。
今回は個人的ではありますが、親子早朝マラソンと題して・・・
昔、若かった頃の思い出話をしたいと思います(^○^)

今から大体37年位前になりますが、丁度 長女が小学校に入学したのをきっかけに、
朝6時に起きて一緒に走ることを決心したのです(^o^)/

何故なら、幼稚園の運動会で最下位ながらゆっくりと走って来るわが娘を目の当たりにして愕然としたのです。
大袈裟に言えば、九州佐賀の城下町で文武両道の環境のもと厳しい学校教育の中で育った少年時代からの我が胸の燃ゆる思いが粉砕され心身共に崩れ落ちていく思いでした。
その夜は口も聞かないで寝てしまったことを覚えています。

 
 
小学校の新聞にも記載されたものです。
時効と思い、恥ずかしながら勇気を持ってその当時の記事を載せることにしました。
 
 

マラソン水泳と、子供ながらに素直に聞いてきてくれたことに対して感謝の念で一杯です!!
思い出を沢山、
有難とうと言いたいです 謝!

上記の記事から3年後の12月に、
長女と自分はホノルルマラソンの出発地点であるアロハタワーの下に居ました。
出発から20K地点のハワイ海辺りで長女は足が痛いと言い出し、
少しペースを落としながら、だまし、だましのマラソンでした。
何とか30K辺りまで来て

「もう少しの辛抱だよ。あと10K少しだから、頑張ろうね。」

と励ましながら、娘にとっても初めての42.195Kでした!!

沿道の声援を両側にゴールまであと2K位で娘は元気を取り戻しラストスパート!(^^)!

自分もペースを乱しながらの一緒のゴールでした。(Age Group 3位は立派でした)
自分勝手で頑固な父親・・・今でも時々、当時の事を思い出しながら、お父さんはまるで男の子のように期待して育てているものだからと家族全員で笑い話になっています(^^)

休日には、マラソンの後で午後から近くのスイミングスクールでの自由水泳。
確か小学3年生の夏には競争しても負けるようになっていました。
選手コースで毎日泳いでる訳ですから、敵いません(笑)
多分に長女は心肺機能が強いせいか、水泳の方でも頭角を現し、
全国中学校水泳競技大会 決勝で8位入賞(800m自由形)は見事でした☆
現在は二人の女の子の母親で、我が家の近くに住んでいます。
何故か二人の孫娘達は運動が不得意そうですが、女の子らしく育てています(笑)

また機会が有れば、今度は故郷の昔話や海外での仕事話や旅行話等をしたいと思います♪

関連記事