1. HOME
  2. ブログ
  3. 介護士の資格なしでも就職できる?採用条件を見てみよう!

介護士の資格なしでも就職できる?採用条件を見てみよう!

介護の仕事をしたいけど介護士の資格がないからなれないかもしれない、そう思っている人はいませんか。働かないと暮らしていくことができないから、介護士になりたくても学校に行けず資格が取れないと残念に思うことはありません。資格がなくても未経験でも就職できる施設は、たくさんあります。資格のない人にはどのような会社がおすすめなのかを、知っておきましょう。

介護士になるには資格が必要?

介護士になりたい、という人で資格がないからとためらっている人はいませんか。介護士になるには介護職員初任者研修・介護福祉士・介護福祉実務者研修・ケアマネージャー・レクリエーション介護士・介護予防運動指導員などの資格が必要になります。昔からある資格だけでなく新しくできた資格、廃止された資格などもあるので資格を取得したいときは、きちんと調べてからがいいでしょう。

取得しやすい資格は?

この中で最も取得しやすいのは、介護職員初任者研修でしょう。基本的にはスクールに通って、最後に修了試験を受けることで資格を取得できます。特に難しいことはなく、この資格を持っているということは、介護に関する基礎的な知識とスキルを持っているという証明でもあります。この資格があれば、介護施設で働くことができます。また実務者研修まで修了すれば、サービス提供責任者になることもできます。ただしどちらの研修もある程度の日数の確保と、講習代金が必要です。

レクリエーション介護士もおすすめ

レクリエーション介護士は介護系の資格の中でも比較的新しい資格で、レクリエーションの知識や実行するためのスキルを身に着けることができます。認定の講座を受講し、修了試験を合格すれば取得できる資格であり、比較的取りやすいでしょう。

無資格も就職できる?

人手不足が深刻な介護業界では、今までは介護福祉士の資格取得者しか雇用していなかった企業も実務者研修や初任者研修修了者も雇用するようになってきました。採用枠を広げなくては、人材を確保することが難しくなってきているからです。企業によっては、無資格者や未経験者を採用するところもあります。まずは雇用要件を良く見ておきましょう。

介護士の資格なしにおすすめの企業は?

介護士の資格なしの人におすすめの企業は、資格取得支援があると求人票に明記しているところです。資格取得支援は企業によって支援内容が違ってきます。スクール費用を全額会社が負担してくれる、スクールに通うために休みを取りやすくしてくれるといった内容が多く、働きながら介護士の資格を取れるのでおすすめです。どのような取得支援を実行しているのかは、きちんと企業側に確認しておくといいでしょう。

未経験者でも就職しやすい

介護の資格は昔に取得しても、全く別の仕事をしていて未経験だけど大丈夫かと不安になる人もいるのではないでしょうか。資格があるなら、未経験でも雇用してくれる企業は多くあります。まずは未経験でも問題ないことを、企業側にハローワークなどを通して確認してもらうといいでしょう。

名前の変わった資格もある

かつてはホームヘルパーという資格があったのを、ご存じでしょうか。昔ホームヘルパー2級を取得したけど今はない資格だから、無資格になるのだろうかと不安に思う人もいるかもしれません。ホームヘルパー2級は現在の初任者研修と同じ扱いになり、あらためて資格を取得しなおさなくても、そのまま働くことができます。ただし、履歴書に書くときには資格証にある正式名称を記入しましょう。

まとめ

介護の資格は、新しくできた資格も含めるとその数は10以上もあります。介護制度も少しずつ変わってきていて、介護士の仕事内容も変わってきた部分もあります。未経験やブランクが長い場合などは、きちんと勉強をし直して、間違った思い込みがないかどうかを確認した方がいいでしょう。たとえ介護士の資格がなくても働くことはできるので、資格取得支援などを利用し手働きながら資格を取るのもおすすめです。介護の仕事に興味があるならぜひ、挑戦してみてください。

関連記事