1. HOME
  2. ブログ
  3. 介護面接はスーツが良い?介護面接でのベストな服装とは

介護面接はスーツが良い?介護面接でのベストな服装とは

介護の職場はフランクなイメージがあったり、動きやすいように職場の制服もポロシャツを採用していたります。

また、売り手市場でもあるため、面接時の服装はカジュアルなものでも構わないのではと考えている方もいることでしょう。

そこで本記事では、介護の面接にベストな服装についてご紹介します。

指定がないならスーツが無難

介護職のみならず、服装の指定が募集時にないのであれば、「採用側が自分のためにわざわざ時間を割いてくれている」ということを前提として、失礼のない服装で臨むことが好ましいです。

カジュアルファッションでも清潔感やフォーマルなファッションはありますが、面接官の個人的な見解を考えるとスーツで臨むのが無難といえるでしょう。

これは男女の場合でも一緒です。たとえ先方が「普段着で」と言ってくれたとしても、正社員としての採用を望んでいるのであれば、スーツなどのフォーマルな服装で面接に臨むのが好ましいでしょう。

堅苦しい印象を与えるのでは?という不安よりも、社会人として常識的に面接に臨む服装といえば、やはりスーツです。その点が問われますので、スーツで面接に赴くのが無難でしょう。

更に男女別に気を付けたいスーツファッションのチェックポイントがありますから覚えておいた方が無難です。

男性が介護の面接を受ける際に注意すべき服装のポイント

スーツと一口でいっても、ホストが着ているような派手なものもあれば、お堅い役所仕事をしている人が着用しているアイテムまでさまざまです。

介護の面接時にマッチしているスーツの特徴は、派手な印象のものではなく、シックな印象を与えられるようなスーツで臨むのがベター。

派手なスーツの特徴はダブルのスーツや、明るめの生地色をしたスーツです。それらのものは避け、黒やダークグレーなどの落ち着いた印象を与える生地色のスーツをおすすめします。

注意点としては、リクルートスーツが無難と思って着用していくと、どこか頼りない印象を採用側に与えてしまうことがありますから、なるべくビジネススーツをチョイスしましょう。

シャツですが、白や淡い水色などの光沢の少ない色のもので、シワや汚れのないものを着用していくことをおすすめします。

靴はレザータイプの紐靴、ベルトはスーツに合わせた黒やグレー、カバンはA4サイズ程度で、色は黒、ダークブラウン、ダークグレーなどのカラーリングのものがおすすめです。

女性が介護の面接を受ける際に注意すべき服装のポイント

女性の場合も同じでできればスーツ着用で介護の面接に臨みたいものです。

スーツで気を付けるべきはサイズで、小さすぎず自分の体に合った無地のものがおすすめ。色は黒、グレー、ネイビーが良いでしょう。

スカートの場合はひざ丈の長さ、パンツでも問題ないですが、どちらの場合も体のラインを強調するものや、トレンド性やデザイン性の高いものは避けるのがおすすめです。

また、シャツかブラウスがおすすめで透け感の少ないもの。襟元にボタンがついていないスキッパーシャツでも問題ないでしょう。

生足は避けてストッキングを履いていくのをおすすめします。靴に関しては黒色でヒールの高さが5~7cm程度のパンプスがベスト。バッグは床に置いたときに直立するタイプでA4サイズの書類が入るくらいの大きさのものがおすすめです。

まとめ

私服でも問題ないと言われることが多い介護の面接時の服装ですが、出来ればフォーマルなスーツ姿で臨むことがおすすめです。

応募時に何の指定もない場合には、特にフォーマルな服装をしていきましょう。本記事では具体的なアイテム例を出しましたが、基本的には清潔感を感じられ、きちんとした見た目を演出できる服装で面接に臨むのがおすすめですよ。

関連記事