1. HOME
  2. ブログ
  3. 説明会の様子

説明会の様子

皆様こんにちはグレイスフル塩尻 特別養護老人ホーム多床室の西澤です。
簡単な紹介になりますが、出身は長野県の松本市です。実家は大町市で、
父の仕事の関係で県内の飯田、諏訪、伊那など県内を点々としてきました。

福祉課の短大を卒業し、グレイスフル下諏訪へ入社し、特別養護老人ホームで勤務しました。
働き甲斐のある仕事で、当時利用者様が元気になれると思い込み、勤務の度に歌を歌う事で、
良くなると思い込んでいた時期でした。

グレイスフル塩尻では会社説明会を開催しています。今年度多床室へ入職した2名の職員さんも昨年の説明会で
お会いしています。二人とも入職して2か月目に入ろうとしていますが、分からない所をどんどん聞いて知らない事、
できない所を習得しようと頑張っています。
説明会の施設見学では、少しでも介護のイメージをもっていただるよう、
実際の現場を周りながら、説明をさせていただいています。
その中で、リショーネ(ベッドの半分が車椅子になる介護ベッド)と、浴槽の種類には、
みなさん関心があるんだなーと感じています。
実際にベッドに横になって体験をしてもらったり、ベッド操作をしてもらったり、
ちょっとした体験の中で、利用者様からの見え方がどうなのか、寝心地はどうなのか体験いただければと思います。
先日、説明会の中で、今年入職した職員さんへ「仕事はどうですか?」と質問がありました。
その職員さんは。「楽しいです。分からない所も教えてくれるので、ありがたいです。あと、先輩達みんな仲が良いです。
オムツ交換は難しいので頑張りたいです」
その言葉をメモに残していた説明会に参加いただいた方の印象がとても良く見えました。

2019年度は、見学担当者として、特別養護老人ホームの小林フロアリーダー、清沢ユニットリーダーが、担当です。
現場の状況をより細かく聞く機会になると思います。
グレイスフル塩尻の説明会へお越しの際には、興味や関心のある事は、何でも質問をいただければと思います。

以上、グレイスフル塩尻、特養多床室介護長の西澤でした。
お次は、グレイスフル下諏訪 大兼政施設長です。

関連記事