1. HOME
  2. ブログ
  3. 最後の瞬間  From  katu

最後の瞬間  From  katu

 

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
2019年が始まり、5月「平成」から「令和」に元号も変わりました。
時間というは、当たり前ですが正確に普遍的に過ぎていきますね。
皆さんは、時間が少しでも止まらないかと考えた事はありますか。
私は真剣に考えた事がないので、想像もつきません。
では違う視点で、時間が止まるというと「死」という状態も当てはまるので
しょうか。
心臓が止まる。 呼吸が止まる。

突然ですが、人間の呼吸が止まる瞬間を見た事がありますか。

少しずつ呼吸する間隔が広くなって、最後に深呼吸の様に大きく息を吸って
吐いたら、呼吸をしなくなる。まだ心臓は少し動いているようで体が動いて
いるように見え、徐々に唇辺りの色が濃い紫色に変わっていく。

20年程前、私が初めてターミナルケアで対応させて頂いた利用者様の様子でした。
とても緊張して様子観察していた事をよく覚えています。
それ以降、色々な方の終末期ケアの対応をさせて頂きましたが、「死」という
節目は、やはり悲しく、寂しいという思いに駆られます。

先日、NHKのプロフェッショナルで「納棺師(おくりびと)」の方が出演
されていました。
その方が「死にかかわるからこそ、生きることを考える」と言っていたのですが、
私もそう思います。

生きているという奇跡  色々な別れ  命のつながり  感謝の想い

自分自身にも確実に訪れる出来事を含めた「人生」を考えさせられるのが
福祉の仕事であり、他の業種では、あまり経験できない事ではないか思い
ますし、そのような経験から人間的成長をさせて頂けるのも福祉の仕事の
魅力の1つではないかと思います。
少しでも興味がある方は、採用に関する色々な情報が載っている採用情報を
クリックしてみてください。

今後も、機会がありましたら、「福祉の仕事の魅力」について、個人的な
見解にはなりますが、ご紹介させて頂ければと思います。

閲覧頂き、ありがとうございました。 JF布袋 林 克幸

関連記事