1. HOME
  2. ブログ
  3. 当たり前のことは実は当たり前ではないのかも‥

当たり前のことは実は当たり前ではないのかも‥

みなさん、こんにちわ(@_@;)

グレイスフル箕輪グループホームの清水さんの次はデイサービスセンターグレイスフル箕輪の吉田です。

急に朝晩、涼しくなってきてしまい身体のコントロールが大変な今日この頃久しぶりにブログを書いています。
最近の私は100円ショップで買ったビンに浅漬やピクルスを作ることにはまっています。水の量や出汁の量など調整が難しいのですが科学のように塩分濃度を調整するととても美味しくなります。
ぜひ、皆様もお試ししてみて下さいな。
と世間話はさておき、
前回はデイサービスのイベントの話をしました。
今回は少し身の上話をしたいと思います。
私は20年前に介護の世界に入りました。
当時は男性が介護をすることがとてもめずらしいことでした。
専門学校のクラスも男性が4人、女性が36人計40人で1クラスでした。
きっかけは高校生の頃、バイトをしていて介護の専門学校の先輩がバイト先へ来て誘ってくれたことがきっかけです。
しかも、次の日に3者面談があり、そこで初めて母や担任の先生に「○○の専門学校に行きたい」と伝えました。
担任の先生から「本当にそこでいいのか」と何度も確認されたことを覚えています。
それから月日の流れは早いですが、もう42歳になります。
今から考えると、あの時は冒険したなあとしみじみ思ってしまいます。
ですが、今や男性の介護士も多くなり当たり前の時代になりました。
男性の看護師ももはや当たり前の時代です。
そこで、ふと考えがよぎりました。
当たり前のことって実は当たり前でないのかも?!
少し視点を変えてみれば素晴らしいことがたくさんあるような気がします。
簡単に言ってますが、実は視点を変えるってまあまあ大変です。
常識の枠を少しずらさないと見えないからです。
ただ、悩んでいるときは常識の枠を少し外したほうが解決に近づくこともありますよ。
ということで、気づいたからには思考を展開して見ようかな(@_@;)
当たり前のことが新しいことに変わる瞬間って気持ちいいですよね。
‥‥ああ、次に回さなければ……
では、次はイケメン相談員のデイサービスセンターグレイスフル日義の北村さんにバトンタッチです。北村さんよろしくお願いします。

関連記事