1. HOME
  2. ブログ
  3. 心が動く瞬間  From  katu

心が動く瞬間  From  katu

突然ですが、皆さんの、「心が動く瞬間」はいつですか?

趣味に興じる時や、何かを見たり、聞いたりして、感動や逆に嫌な思いをしたり、
私達は色々な事で心を揺さぶられます。
ちょうど、ラグビーワールドカップがあり、試合をTV観戦して揺さぶられっぱなしで
した…。沢山の感動をもらい、感謝と終わってしまった損失感を感じています。
そもそもラグビーとの出会いは、「スクール☆ウォーズ」という
ドラマがきっかけで、
それ以降、実際にやったことはないのですが、テレビで中継をやっているとよく見るようにようになり…。
話が長くなるので割愛します…。

福祉の仕事では、人と人がかかわる瞬間にこの「心が動く瞬間」が沢山あります。
ここで、私が心揺さぶられた瞬間の出来事を1つ紹介させて頂きます。

「突然の訪問」
ある利用者様が施設で看取りケアになり、ご家族の協力もあり穏やかに
旅立たれました。最後、お見送りの際、ご家族に感謝の御言葉を頂き、
ケアを通じて、しっかり対応させて頂けたのではないかと思いました。

数ヵ月後、突然、このご家族が面識のない方をお連れし施設にみえ、
「この人の親が、介護が必要になったみたいだで、この施設に入居できんか、
相談に乗ってくれんか」と言いにみえたのです。
私は、わざわざお越し頂き、施設を紹介して下さった行動に鳥肌が立ち、
目頭が熱くなりました。

福祉の仕事では、人と人とのかかわりの中で、このような「心が動く瞬間」が
いたるところに存在しています。
幸福論には色々な価値観があります。ある有名な心理学者はこう言っています。

「誰かのために何かすることが、実は、自分自身の大きな幸福の1つである。」

このプライスレスな「感動」を、一緒に共有して頂ける方を大募集しています!
少しでも興味がある方は、採用に関する色々な情報が載っている採用情報をクリック
してみてください。

今後も、機会がありましたら、「福祉の仕事」について、個人的な見解にはなりますが、色んな角度からご紹介させて頂ければと思います。

閲覧頂き、ありがとうございました。   JF布袋 林 克幸

関連記事