1. HOME
  2. ブログ
  3. 介護職なら取得しておきたい実務者研修とは

介護職なら取得しておきたい実務者研修とは

介護の仕事は、慢性的な人材不足の影響から未経験者や無資格者でも活躍できる業界です。しかしながら、無資格者では資格者しか行えない業務を担当することができず、当然報酬面でも大きな影響を受けることになります。

介護職として、活動の幅を広げ、見合った報酬を得るためにも、介護系資格はなるべく取得しておきたいところ。そこでここでは、実務者研修について紹介していきましょう。

実務者研修とは

実務者研修とは、より質の良い介護サービスを提供するために必要な知識やスキルを習得する研修になります。

以前の制度でいうところの「ヘルパー1級」に相当する知識と技術を身に着けることができる研修です。

実務者研修を取得すると、訪問介護事業所において、サービス提供責任者になることが可能になります。

平成25年度より、介護職員基礎研修、ヘルパー1級は「実務者研修」に一本化されました。キャリアパスとして介護職員が目指す介護福祉士国家資格を取得するためには、必ずこの実務者研修を修了しておけなければなりません。

介護福祉士資格の取得を将来的に目指しているのであれば、実務者研修終了が必須条件になることを覚えておきましょう。

実務者研修を取得して得られるメリットとは

資格を取得しても、報酬や任される仕事内容が変わらなければ取得した意味がありませんよね。

実務者研修を取得すると、どのようなメリットがあるのかを紹介していきしょう。

介護福祉士資格を受験できる

前述にもあるとおり、介護福祉士国家資格の受験条件として実務者研修終了は必須項目です。

実務者研修を修了しておけば、介護福祉士の資格取得にチャレンジできます。介護職をしてキャリアアップを目指すなら介護福祉士資格の取得は視野に入れておきたいところ。

受験資格を得られるのは大きなメリットといえるでしょう。

サービス提供責任者になり仕事の幅が広がる

実務者研修を修了すれば、訪問介護事業所におけるサービス提供責任者になることが可能です。

ケアマネージャーが作成したケアプランに沿って、訪問介護計画書を作成したり、計画書を基にしてサービスを適切に提供できるよう各ヘルパーとの連絡や調整という仕事が行えます。

一般的な介護職員には任せられない重要な仕事を行うことができるため、その分報酬面でも待遇アップが見込めるわけです。

訪問介護事業所の多くは日勤帯が営業時間になっているため、日勤帯での就業もしやすくなるのは大きなメリットといえるでしょう。

深い介護知識を学ぶことができる

実務者研修は、専門性の高い分野の知識を得ることができます。グループワークを行うため、自分とは違った意見を学べたり、違った対応を取る受講者の経験を学ぶことができるのは貴重な体験です。

医療的なケアに関しても、従来では看護師しか行えない喀痰吸引、経管栄養に関しても学ぶことができます。

介護の現場でより質の高いサービスを提供するための知識や技術を得ることができるのは、非常に大きなメリットといえるでしょう。

就職・転職に有利に働く

無資格者や未経験者にも広く門戸を開くほどに人材不足が問題視されている介護業界において、専門性の高い知識や技術を習得している証明書でもある実務者研修を修了しているわけですから、転職や就職をしたい場合には、とても優位に働きます。

中には無資格者ではなく、彼らをまとめる有資格者だけを好待遇で迎えたいと考えている事業所もあるため、より幅広い転職・就職先を見つけられるのは、メリット以外の何物でもありませんね。

まとめ

実務者研修とは、旧ヘルパー1級に相当する知識とスキルを身に着けることができる介護業界におけるキャリアップに必要な資格といえます。

取得することで得られるメリットは非常に多くあり、介護業界においてキャリアップを目指しているなら、是非とも取得しておきたい資格といえるでしょう。

関連記事