1. HOME
  2. ブログ
  3. 介護福祉の現状は?介護は将来性のある職業!

介護福祉の現状は?介護は将来性のある職業!

介護福祉の現状が気になる、という人は多いのではないでしょうか。とくこれから介護福祉をしたいと考えているのであれば、現状を理解するだけでなく今後の将来性も見据えておくことは重要です。そもそも介護福祉に需要はあるのかどうか、今後どんどん介護の仕事をする人が増えていくと供給過多になるのではないか、介護自体が先細りする事業なのではないかなどといった疑問を抱えている人もいることでしょう。介護系の仕事は将来性のある職業なのかどうか、今後のためにも介護福祉士の資格を取得するべきなのかなど迷っている方はぜひ、この記事を参考に資格取得を検討してみてください。

介護福祉の現状とは

介護職に就きたい、今後介護の仕事をしていきたいと考えた時に現場の状況を知っておくことは大切です。とくにどのような課題を抱えているのかということは重要で、業界全体として人が足りていない現状も理解しておきましょう。人手不足の要因はさまざまなのですが、主に日本の少子高齢化が原因とされています。そんな人手不足の業界ではありますが、介護の仕事は非常に重要でありなくてはならないものです。とくに介護が必要な利用者の方や家族の方からすれば、現状介護福祉がなくては生活自体が成り立たないという方も多いでしょう。そのような人々に適切な介護プランを提案し、生活面だけではなく精神面からもケアするのが介護福祉の重要な仕事の一つです。

介護福祉士の資格は必要?

そんな介護福祉ですが、介護福祉士の資格は本当に取得する必要があるのかどうか疑問に思う方もいるでしょう。しかし、介護福祉士の資格を持っているということは介護に関するエキスパートであり、必要な技術や知識を持っているとすぐにわかります。資格がないよりはある方が給与も高く、需要も多いために転職などする際にも有利になります。また、介護福祉士として登録されている人数は多くますが、登録している人のすべてが介護の現場で働いているわけではありません。そのため介護の現場では、現状は人手不足となっています。

介護福祉の将来性

介護福祉には将来性はあるのか、と問われたときに不安だと答える方もいますが実際のところ将来性のある職業だといえるでしょう。なぜなら介護福祉は今後ますます必要となる職業であり、高齢者が増えていく中で介護福祉が不要になるということはあり得ません。その中でも介護系で唯一の国家資格といわれている介護福祉士は、介護のスペシャリストでもありなおさらに必要とされてくるでしょう。そのため、介護福祉に将来性がないということは、ありえません。

処遇改善はある?

また、処遇改善という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。少子高齢化が進む中でとくに必要とされる職種であるためか、介護士の処遇は改善されつつあります。介護福祉士の資格を取得するためにもハローワークや社会福祉協議会などからもさまざまな補助金や助成金が提供されています。そのため、介護福祉士の資格を取得するときにも受講料などの費用負担を軽減することもでき、取得しやすくなっているといえるでしょう。さらに国からの処遇改善は現在あるものに加えて、さらに経験や技能のある介護福祉士に対しては働きやすい環境を整えるために将来性を見据えた処遇改善を整備していく考えも示しています。

まとめ

現状の人手不足に加えて、資格取得の費用負担軽減などを考えると介護福祉の仕事には大きな将来性があると考えられるでしょう。とくに介護福祉士は知識も技術もあるとして、どこの事業所もできるだけ条件を良くして雇用したいというのが現状です。需要が増えることは考えられても供給過多になることは考えづらく、資格を取得すれば自分に合った働き方を選ぶこともできるのではないでしょうか。介護福祉は将来性のある仕事といって差し支えなく、興味があるならぜひ資格取得を視野に入れて介護の仕事をしてみてください。

関連記事