1. HOME
  2. 採用特集
  3. 介護現場職員に密着取材!

SPECIAL

採用特集

介護現場職員に密着取材!

特集2

現場職員へ密着取材

いつも笑顔を絶やさない
先輩になりたい!

安田 聖華

役職/介護職

  • 所属/ジョイフル名駅
  • 入社/平成27年
  • 学歴/日本福祉大学中央福祉専門学校

■ 学生さんへメッセージ

サン・ビジョンは設備も充実していていますが、職員の負担軽減についてもすごく考えてくれる職場です。わからないことも先輩が教えてくださるので、知識がなくても安心して挑戦していける環境です!

ジョイフル名駅の特養で介護職員として働いています。介護の仕事を 目指したのは、漠然と人の役に立つ仕事がしたいと思ったからです。 高校も介護福祉コースのある学校を選んで、高校時代にヘルパーの資格 を取得。専門学校も福祉系の学校を選び、介護福祉士の資格も取得でき ました。サン・ビジョンに興味を持ったのは、専門学校の先生がサン・ビジョン出身で、「すごく働きやすくていいよ」と教えてくれたことがきっかけ。 いくつか施設を見学しましたが、圧倒的にサン・ビジョンの設備が良く、 「ここだ!」と思いました。

■ 介護は3K? 全然そんなことないです。

よく介護の仕事は「3K」だと言われますが、実際にやってみると全然そんなことないですね。
もちろん楽な仕事ではありませんが、やってみたらわかってもらえると思います。特にサン・ビジョンは、ノーリフティングポリシーを導入するなど、職員の負担を減らす取り組みがたくさんあるので、他の施設よりも仕事がしやすいのではないでしょうか。有給は消化するのが義務。お休みをまとめてディズニーランドに行ったりもしました。お休みは多い方だと思うので、他の会社や事業者に就職した同級生から羨ましがられます。

■ 先輩の温かさに感動

今は認知症の方を担当していて、利用者様との関係づくりに時問をかけています。できるだけ早く信頼関係を作るために、名前や、好きなことなど自分のことを利用者様に知ってもらうようにしています。
うまくいかないと感じるときは、先輩に相談します。
先輩は利用者様 との関わり方もすごく上手で、関係づくりも早い。それに、いつも笑顔。すごく尊敬しています。
以前、私が大きな失敗をしてしまったことがあって、すごく落ち込んだんです。
その時、 先輩が「失敗は当たり前だから
大丈夫。次どうするかが大切だよ。」と言葉でもLINEでも励ましてくださって。
その温かさで、すごく元気が出ました。

■ いつも笑顔を絶やさない先輩になりたい

同期とは仲が良いですね。別の施設の同期ともよくご飯を食べに行きます。
仕事の話だと、 施設の情報交換や、悩みや不安、こんなことやってみたいという話が多いです。
プライベート の話もよくしていて、公私共に同期職員は仲がいいです。同期はなくてはならない存在 ですね。
今の私の目標は2-3年後までにリーダー職に就くこと。まだ現在は目の前の 仕事で精一杯なのですが、利用者様とのコミュニケーションももっと上手になって、先輩の ように常に笑顔を絶やさないようになりたいです。

持ち物チェック&プライベートチェック

後輩と一緒に成長する
リーダーを目指しています。

間瀬 文美

役職/介護職 ユニットリーダー

  • 入社/平成2年
  • 学歴/日本福祉大学

■ 学生さんへメッセージ

利用者様が自分を必要としてくれるというところがやりがいです。自分が行動したら利用者様も変化が出てきます。身体の状態・表情に変化を感じる瞬間はすごく嬉しくなりますよ!

ジョイフル名駅の特別養護老人ホ_ムで、ユニットリーダーをしています。現場職員の中心になってみんなの意見をまとめたりしています。 ご飯の提供や水分の摂取、お風呂の介助やお骰歩の付き添いなど、 利用者様の生活をサポートすることが主な業務です。 それぞれの過ごされ方を尊重した、サポードを心掛けています。

■ 利用者様と話すと自然と明るくなれる

私はもともとすごく人見知りなのですが、おじいちゃんおばあちゃんと話すのは大好き。
自分の祖父舟の介護の際に、 担当してくださった職員さんがすごく信頼できる方で。
その方を見て、介護の仕事に憧れてこの業界を目指そうと、 福祉の大学に入りました。サン・ビジョンを選んだのは、大学での就職説明のDVDを見たことがきっかけ。職員さんが すごく楽しそうだったのが印象的だったんです。
あと、教育制度が整っている点も魅力的でした。まだ知識が足りない という不安がなくなりました。実際にやってみて、この仕事は本当に楽しいです。私は声が小さいのですが、 利用者様とお話すると自然と声が大きくなる。
仕事を通して、利用者様から元気をもらっています。

■ 先輩が自信を持たせてくれた!

リーダーのお話を頂いた時、すごく不安でした。自分に務まるかどうか、とにかく自身がなかった。一般職の時は、不安なことを言うだけでした。でも、リーダーになると、その不安をどうしていくか、自分で考えて行動しなくてはなりません。その時に悩みを、同期や先輩に聞いてもらいたくさん励ましてもらいました。
特に、最初の職場のジョイフル上前津の先輩は、「間瀬さんがリーダーになったらすごく頼りになる」と、自信を持たせてくれたんです。たぶん先輩は私の性格を見抜いているんだと思いますが、すごくほめて伸ばしてくれる方。おかげでリーダーとして頑張る勇気がわきました。
リーダーになってから、前よりずっと行動的になって、自分の考えを言えるようになりました。「思いを行動に移す」ということができるようになったのがすごく嬉しいです。

■ ケアマネージャーの資格をとって知識を深めたい

仕事の話はよく同期とします。もっと特養をこうしたいという目指す理想を話し合ったり、利用者様のお茶スペースをカフェみたいなインテリアにしたらどうかなど、話したりしています。同期の数が多いのはサン・ビジョンの特徴。
同じようにリーダーをしている同期とは特に仲が良いですね。気兼ねなくいろんな話ができるのは同期ならでは。
ご飯を食べに行って、熱く仕事の話をすることもあれば、ゲームの話をしていることも(笑)とにかく信頼できる仲間がたくさんいるのは、すごく心強いです。
今後はリ―ダーしてもっと成長したいですし、3-5年後はケアマネ―ジャーの資格を取って、トータルで利用者様の介護プランをたてる仕事もしてみたいと思っています。