COPYRIGHT © 社会福祉法人サン・ビジョン サン・サンこども園 グレイスフル塩尻
園のことAbout Us

地域との関わりCommunity

サン・サンこども園グレイスフル塩尻は、
広く地域と関わることで、
地域に開かれた存在でありたいと思っています。
地域とは、例えば
給食のお野菜を作ってくださる農家さんだったり、
お肉やお魚を納めてくださる方々だったり、
ご近所のみなさんだったり。

園にて地域の方々と交流

こうした方々にご協力をいただきながら、
子どもたちを地域/社会の中で
育てていただいています。
また、こども園の活動にも
多大なるご協力とご理解を賜り、
子どもたちは健やかに日々成長をしています。

敷地内には、当園運営法人である、
社会福祉法人サン・ビジョンが運営する
「グレイスフル塩尻」という介護施設があります。
幼少期に、親以外の大人とどれほど多く、
深く関われたかということは、
子どもの人生に大きな影響を与えます。

例えば、子どもたちが、
「何かやりたい!」という事があれば、
「そんなのできないよ」とは言いません。

一緒に考え、どうしたら出来るかを、
子どもたちを真ん中にして、話し合います。
そして、子どもたちが考えて出した答えを、
全力でサポートします。

子どもたちの話し合いで、
野菜の種は花屋さんにあるんじゃないか
ということで、お散歩にGO!
当然、野菜の種は・・・ないけれど、
花屋のおかみさん。
せっかくだから野菜の苗を
注文してあげるよって!!

こうして、子どもたちが出した答えの中で、
お店に行ったり、畑に行ったり、
地域の皆さまと、交流をすることで、
より充実した園生活を
送ることができると私たちは信じています。

併設の介護施設の方々と

地域の方々イラスト 地域の方々イラスト 園にて地域の方々と交流 併設の介護施設の方々と
ココア坊や登場!
花屋のだんな様と園児たち

園庭にある畑で栽培する野菜を、年長さんがクッキングの材料から話し合い。
カレーに使う「ジャガイモ!」や「にんじん!」ピザも食べたいから「ピーマン!」と、ひとりの坊やが・・・ハイ

「ココアがのみたい!ココアってつくれる?」

そこで担任さん 「そんなのできないよ」って言わない。

子どもたちの話し合いで、野菜の種は花屋さんにあるんじゃないかということで、お散歩にGO!
当然、野菜の種は・・・ないけれど、花屋のおかみさん。せっかくだから野菜の苗を注文してあげるよって!!
そんな中、あのキラキラの言葉が店内に響き渡ります。

「ココアの種は?」

奥から花屋のだんな様が登場、インターネットで検索。
「どうやらココアの種じゃなくてカカオの豆らしいねぇ、植えてから5年。しかも相当あったかいところじゃないと・・・ムリみたい」

それを聞いたココア坊やはうなずきます。
ココアを作る夢はかなわなかったけれど、自分の思いをいろいろな人に受け止めてもらえたって顔してる。その後の畑づくりもがんばりました。

①子どもの考えや意見を形にする。だから安心して失敗できて、考えたり、やってみたりしたことがほめられる。
②みんなで話し合って決めていくから、自主性やコミュニケーション力アップ!
③地域の人材をものすごく活用しちゃう!
④「僕たちがやったんだよ」っていう達成感がすごい
⑤お礼をしようって、おひさまレストラン開店!お世話になった方へカレーライスをふるまっちゃった。

※なんだか某局の0円食堂みたい。畑で収穫された食材をいっしょに食べました。

SPECIAL THANKS 畑づくりの看板手作り
・・・教材屋さんの社長さん
プロの味ピザ職人
・・・イタリアンレストラン店長さん
野菜の苗をお届け
・・・お花屋さんのおかみさんとだんな様
畑のプロ・・・ワイナリーのおじ様
子どもたちの考えが、
地域の様々な方のお力で実現できて、
本当にうれしそう。
すごい、子どもたちです。
園児イラスト
ホームへ戻る
PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.